Next.jsのRoute Handlerを型安全にするType Alias

Next.jsのRoute Handlerでレスポンスの型情報を推論するType Aliasを紹介します。ZodやValibotなどのスキーマバリデーションライブラリを使用するアプローチとの比較も。

チュートリアル: Yjs, valtio, React で実現する共同編集アプリケーション

Yjsは、リアルタイム共同編集を実現するためのアルゴリズムとデータ構造を提供するフレームワークです。Notion や Figma のように、1 つのコンテンツを複数人で同時に更新する体験を提供することができます。 Y.Map, Y.Array, Y.Text といった共有データ型を…

LOVEDから始める、開発者のためのプロダクトマーケティング入門

開発者がプロダクトマーケティング思考を知ることの意味や目的をLOVEDという書籍を引用しながら紹介します。

スタイリングがもっと楽しくなる!CVAとTailwind CSSで実現するVariant管理

Tailwind CSSの手軽さを活かしながら、より柔軟なスタイリングを実現するためのライブラリClass Variance Authority(CVA)をコード例を交えて紹介します。

モノレポでマージキューと必須ステータスチェックを運用するためのTips

ROUTE06 でソフトウェアエンジニアをしている @MH4GF です。 GitHub のマージキュー(Merge Queue)を私のチームでの開発フローに取り入れてから数ヶ月経ちました。マージキューは非常に便利ですが、挙動の理解やセットアップに難しさがあると感じています。い…

ROUTE06エンジニア対談 - 学び続ける熱意と穏やかなリーダーシップを持つ、エンジニア岩井のキャリア観

こんにちは。ROUTE06 Tech Blogの編集チームです。ROUTE06のエンジニア対談を連載でお届けします。 第8回は、CTOの重岡 正さんと岩井 大志(さとし)さんです。Web開発から事業会社での自社開発まで、エンジニアとして幅広い経験を積んできた岩井さん。新し…

RubyKaigi 2024 協賛&参加レポート

ハイサイ ROUTE06でエンジニアリングマネージャーをしている沖縄生まれ沖縄育ちの @tamaseyo です。 今回は沖縄で開催された RubyKaigi 2024 の様子をお届けします。 ゆたしくうにげーさびら!(沖縄の方言でよろしくおねがいします という意味です) RubyKa…